月別: 2010年11月

VS2008の app.config の 接続文字列とかアプリケーション文字列がリードオンリーで通常は書き換えできません。
XML関係で無理やり書けばOKって話だったんですが、それもめんどくさいなぁと思っていたら、超簡単な方法が見つかりました。

元記事が見つからないのですが。
My.Settings.xxxxxConnectionString = strConnectionSettings
だったら、コンパイル前からエラーですが、
My.Settings(“xxxxxConnectionString”) = strConnectionSettings
にするだけ!

簡単すぎる…。

【追記】
と思っていたら、一時的にしか反映されませんでした。
ので、
app.configでConnectionSettingを追加して、

変更する箇所に
My.Settings(“xxxxxConnectionString”) = strConnectionSettings
My.Settings.ConnectionSetting = strConnectionSettings
としておいて、

メインのフォームロード時に
My.Settings(“xxxxxConnectionString”) = My.Settings.ConnectionSetting
ってしとけばOK!!!って、ひどい。