月別: 2011年1月

Mac OS X Server v10.6 を使用してサーバ環境設定が開かない問題に遭遇したのでメモ。

https://discussionsjapan.apple.com/message/100551648;jsessionid=26018D263B27F092A196F13655808BAE.node0?tstart=-20

症状は上と一緒。
サーバ環境設定を開こうとすると、長い時間グレーアウトし、しばらくするとエラー画面が出ます。
レコード名が (サーバー名)$ の /LDAPv3/127.0.0.1 のノード資格情報を設定できません。
Open Directory サービスに問題がある可能性があります。
みたいなエラーが出ました。
で、サーバ名、アカウント、パスワードを入力する画面が出てくるのですが、入れない。

なんでかなーと考えてたら、サーバのIPをDHCPで取得させてたんですが、IPが依然と変わってることに気づきました。
で、サーバ環境でDNSのゾーンをみたら、以前のIPでガッチリ書き込まれてました。

まずいと気付いたので、IPを固定アドレスに変更。

で、プライマリゾーンの該当のコンピュータ名のIPを変更した固定アドレスに変更すると、
逆引きゾーンが新たに作成されるので、
古いものを削除。

で、DNSサービスを再起動したら直るかと思ったら直らなかったので、
サーバを再起動。

で、直りました。
よかった、よかった。

ま、まずサーバ環境設定はつかわないだろうけど。

ServerはDHCPで立てない方がいいってことですね。<当たり前