カレンダ

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

コンテンツ

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

UbuntuでWPA-PSK AESを使用する方法

たまには真面目に備忘録。
ただし、まだ自動起動していないため、解決方法は後ほど調査後記述。

Comments

tom

こんにちは、
私の場合は、Ubuntu8.10 intrepidでLanアダプターはTrendnetというメーカーのUSBタイプの物をBuffaloのAirstation(WHR-AM54G54)と言う無線ルーターへ接続を試みました。ルーターの無線セキュリティーはWPA-PSKで暗号化レベルはAESです。WIndows(XP)では問題なく動作しています。LanアダプターのドライバーはWindows wirelee driversと言うGUIからインストールしてwlan0として認識されています。

教えていただいた手順で作業を進めていった後、
sudo ifdown wlan0 の所で、
ifdown: interface wlan0 not configured
となりました。次に、
sudo ifup wlan0 では、
Error for wireless request “Set ESSID” (8B1A) :
argument too big (max 32)
Failed to bring up wlan0.となります。
無線ルーターが自動で設定したSSIDは丁度32桁なのですがKeyの方は60桁ぐらいなのでそのためのエラーなのでしょうか?
暗号強度の低いWEPで設定すれば簡単なのでしょうが、出来ればWPAを使いたいと思っています。

tom

このサイトの管理人さんは不在なようですが、このページにアクセスした方への情報としての自己レスです。

結局、無線ルーター側のAOSS機能をキャンセルして、マニュアルでWPA-PSK(AES)の設定にした後、Ubnuntu側では /etc/network/interfacesのwlan0の設定は全部取り除き、Network managerのGUIから無線Lanの設定をして再起動したら開通しました。

邪魔納 刃

tomさん>
すいません、コメントいただいておきながら長らく放置しておりました。
無事、解決されたようで良かったです。
GUIはGUIで解決した方がよいという伝統ですね(^^;
もっとも今まで、Readhat系を良く使っていたので、Debian系のUbuntuはコンフィグファイルがどこにあるか、どんなコマンドがあるかあんまりわかってないので、私ではわからなかったと思います。
コメント有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です